知らなかったでは済まされない大規模修繕とアスベスト問題

アスベストの健康被害が大きなニュースになってから随分と月日が経過しているように感じます。
しかし、現在もアスベストが含まれる建材が多く残存している建築物があり、実はそれほど古くないマンションであってもアスベストを含む建材が使用されている可能性があります。
関係法令が改正され、2006年8月以前に着工したマンションであれば、大規模修繕の際にはアスベストの含有について事前調査が必要になるなど、アスベストの飛散防止対策をとる必要があります。

今回は、大規模修繕時におけるアスベスト対策についてご紹介していきます。

1.アスベスト問題とは
■アスベストとは
アスベストとは、別名「石綿」とも呼ばれるもので、天然に鉱山で産出される繊維状ケイ酸塩鉱物のことです。耐熱性、防火性、保温性、防音性、耐摩耗性に優れ、糸や布の形にも加工しやすく安価であったことから、建築物にも大量に使用されてきました。過去に輸入されたアスベストの総量は、1,000万トンにも上っています。

■アスベストによる健康被害
建築業界で盛んに使われていたアスベストですが、アスベストの繊維は非常に細かいため、その繊維を吸入すると肺繊維種、悪性中皮腫の原因となり、肺がんを引き起こすことがわかってきました。アスベストを吹き付ける際だけでなく、アスベストを使用している建物の壁を削る作業を行うとき、解体作業や吹き付けアスベストの除去作業の際にも、必要な対策を施さない場合には、空気中に大量のアスベストが飛散して吸引してしまう恐れがあります。

2006年9月より規制対象が「石綿(アスベスト)の質量が当該建材の質量の1%を超えるもの」から「石綿(アスベスト)の質量が当該建材の質量の0.1%を超えるもの」へと変更され、石綿(アスベスト)を含有するものの製造・使用等が全面禁止となりましたが、それまではアスベストを含む接着剤や外壁塗料、屋根用化粧スレートなどは使われ続けてきました。そのため、2006年以前に建てられたマンションでは、アスベストを含む建材が用いられている可能性があります。

2.大規模修繕ではアスベスト問題に要注意
アスベストは、2006年に全面禁止となるまで多くのマンションの内装や外装の材料に含有されていました。アスベストを含む塗料で塗られた外装や内装が、特に損傷することなくそのままの状態で保たれている場合は、アスベストが飛散することはありません。しかし、大規模修繕の際には、ひび割れ等を補修するために壁に穴を開けたり、壁を削ったり、外壁塗装を剥がしたりするような作業が出てきます。すると、建材に含まれていたアスベストが空気中に飛散してしまいます。
髪の毛の5000分の1ほどの細さであるアスベストの繊維が空気中を漂うこととなれば、作業に携わる人だけでなく、入居者や周辺の住民にまで健康被害が広がるリスクが出てきます。

このように、大規模修繕工事の際に適切な措置を行なわなかったことで周辺にアスベストを飛散させてしまった場合には、入居者や近隣住民の信用を失い、それ以後の工事も実施するのが難しくなるため注意が必要となります。

3.大規模修繕時のアスベスト対策
■事前調査を実施する
大規模修繕工事を行なう際には、アスベストの飛散を防止するために吹き付けアスベストやアスベスト含有保温材などの特定建築材料、アスベストが含まれた窯業系サイディングや仕上げ用の塗材等の使用の有無について、事前に調査することが労働安全衛生法で義務付けられています。
発注者は、施工業者による調査結果について、書面による説明を受けなければなりません。
また、事前調査の結果は、調査を行なった者の氏名、住所、調査終了日、調査方法、特定建築材料の種類と使われている場所について、近隣住民の目に触れやすい場所に工事開始日から終了日まで掲示しておかなければなりません。

■事前調査でアスベスト含有物が見つかった場合
建物にアスベスト含有物が使用されていた場合は、作業を開始する14日前までに特定粉じん排出等作業実施届出書を提出することが、大気汚染防止法によって定められています。
2014年の法改正により、届出義務者は工事の施工者ではなく発注者に変更されているため、注意が必要です。
また、作業に当たってはアスベストの飛散や作業員への暴露対策等を定めた計画書を策定し、厚生労働省が発表した「石綿則に基づく事前調査のアスベスト分析マニュアル」に示される作業手順に則った形で作業を進めなければなりません。

4.まとめ
以前は多くの建築物に使われていたアスベストですが、現在ではアスベストを含む建材の使用は全面禁止となっています。
しかし、2006年まではアスベストを含む外壁材や内装材などが使われていたのも事実です。そのため、2006年以前に着工したマンションではアスベストを使用している可能性があり、大規模修繕工事の際には事前調査が必須となります。
事前調査の結果については近隣住民にも公表し、アスベストを含有している建材を利用している場合には、法律等に準拠しながらアスベストの飛散を防止するよう対策を講じなければなりません。
以上

修繕・大規模修繕の記事一覧

マンションの管理 共用部 その他の記事

閲覧したページ