入居者へのサービス

入居者へのサービス
入居者満足と共に高め続けるマンションの資産価値。
当社の入居者対応業務は、賃料をご負担していただく入居者にいかに満足していただけるか、という視点を大切にしています。
賃貸人・賃借人という基本的関係の土台となる「契約管理」、改正民法でさらに重視され、
入居者の声を直接聞く機会となる「不具合・トラブル対応」、
利便性や快適性を高めて賃貸マンションの価値を向上させる「入居者サービス」。
当社はこれら3つの業務の質を向上させることで、賃貸マンションの資産価値を高め続けています。
  • 契約管理
  • 入居者サービス
  • 不具合・トラブル対応
貸主と借主の関係を定めた賃貸借契約を適切に管理。
貸主と借主の関係を成立させる「賃貸借契約」は、相手・内容・時期・記録方法などの観点から適切に管理する必要があります。
例えば、賃借人の最重要義務である「賃料等の支払」について言えば、入金・未入金確認や未入金があった場合の速やかな対応などが求められます。
こうした一つひとつの業務の確実な遂行を通じて安定的な賃貸事業をサポートします。
賃貸事業の安定化を支える入居満足のための独自サービス。
主に都心の賃貸マンション経営では「住まい」の充実だけでなく、
「暮らし」の快適さを提供する付加価値サービスが差別化の大きな柱となります。
当社では賃貸マンションライフを充実させる様々なライフサポートサービスやフロントサービス、
さらには三井不動産グループのメンバーシップサービスである「三井のすまいLOOP」といった独自のサービスを提供。
ソフトサービスの側面からも入居満足を高め、賃貸事業の安定化を支援しています。
抑制・早期解決に主眼を置いた借主クレーム・トラブル対策。
借主が貸室を十分に使える「使用収益できる」状態を維持することは、貸主の重要な義務です。
2020年4月施行の改正民法では、貸主がこの義務を履行できなかった期間は相応の賃料を減額しなければならないことや、
借主自らによる解決策の実施と貸主に対するその費用請求が可能であることなどが明記されています。
当社では借主からのクレームやトラブルについて「いかに発生そのものを抑制するか」、
「発生してしまったらいかに早く解決するか」という観点から対策を講じると共に、
さらなる顧客満足向上のためのヒントとして、接遇ノウハウの高度化などに役立てています
もっと見る

各種サービス