商品企画における業務概要|賃貸マンションの商品企画を総合的に支援

 当社では、賃貸マンション事業を推進もしくは検討されているお客様に対して「商品企画」「賃貸運営業務スキームの構築補助」等の支援(『賃貸総合企画業務』と称する)をさせていただいております。
 そのうちハードに関する業務についても社内で内製化しており(建築士、インテリアコーディネーター等の有資格者)、支援可能な体制を整えています。

■「事業企画段階」での支援
 「ボリュームスタディ」については容積消化、レンタブル比向上等の数字上の事業性能スタディにとどまらず、事業が実現した場合を明確にイメージした事業性能の高い提案を行なえるよう努めています。
 また、「ボリュームスタディ」をベースに事業収支に必要となる「建設コストの概算」も実施するケースがあります。

■「基本設計・実施設計段階」での支援
 賃貸事業成功の要である住戸プランの計画案チェックを行ない、改善案を提案します。 
 同時に、住戸の住設機器・内装等についても仕様・スペックの提案、チェックを行ない、賃料に見合ったグレードでの商品化を目指します。
 また、エントランス等の共用部や建物全般についても、必要設備・セキュリティ・清掃・メンテナンス等について当社のノウハウを生かし、稼働後の運営管理が円滑に行なえるようチェックした上で提案します。

■建設工事段階での支援
 建設工事着工後は、オーナー様の負担・不安となる多種多様な確認・決定事項について当社が定例打ち合わせに同席することによりサポートします。
 ・工事工程の確認
 ・住設機器等の詳細仕様確認、決定のアドバイス
 ・住戸詳細図、設備プロット図等のチェック
 ・外装、エントランスのデザイン、専有部のインテリアコーディネート等の提案、アドバイス
 ・共用部(エントランス、共用廊下等)のデザイン
 ・建物全体のキーシステム、セキュリティ、設備インフラ等の確認
 ・竣工検査の同席(是正事項の指摘、完了確認)

 当社がオーナー様より管理運営をご相談いただくタイミングは、事業検討段階から、着工後、竣工直前、あるいは既に稼働した物件と多岐に渡ります。
 また、オーナー様や事業関係者様(設計事務所、建設会社)の賃貸住宅事業に関する知見もそれぞれ異なりますので、プロジェクト毎にその特性を見極め、柔軟に対応していくことで賃貸事業を成功へと導きます。

建物(ハード)の記事一覧

マンションの管理 専有部 その他の記事

閲覧したページ